VOICE

各々の知識や技術を活かして、
部全体で運航管理や様々なトラブルに対処

松山本社 船舶部 K.OKAMOTO / 平成27年8月 入社

私の所属する船舶部では、船舶の建造、就航船の安全管理・トラブル防止、入渠の際の工事管理など船舶の技術面に関する業務を取り扱っています。陸から何マイルも離れて稼働する船を、常にベストの状態で稼働させることは時に困難な場合があります。

トラブルが起きた際には直接現場を確認することは難しく、本船の連絡から原因を推測せざるをえない場合もあります。そのため、機器に関する技術知識、船舶に関する法律など様々な知識が必要となってきます。我々船舶部は各々の知識や技術を活かして、部全体で運航管理や様々なトラブルに対処しています。

INTERVIEW

Q.日本ガスラインNIPPON GAS LINEに入社を決めた理由は?
自分の知識、経験を活かして海運業界に携わりたいと思い、日本ガスラインNIPPON GAS LINEに入社しました。
Q.今までの業務の中で苦労した経験、やりがいを感じたことは?
どの仕事にも当てはまりますが、求められる知識が足りない時にはその都度勉強をします。
他の部分でその知識や経験が活かせた時、特にやりがいを感じます。
Q.日本ガスラインNIPPON GAS LINEの魅力って?
海上も陸上も話しかけやすい人が多い事だと思います。
Q.仕事の後や週末の楽しみ方は?
仕事終わりにジムで汗を流し、シャワーを浴びてサッパリした後、家に帰ってお酒を飲んでぐっすり眠る事。
休日の楽しみは夜更かしをする事です。

就職活動中の皆様へ

社会人になって仕事をやり始めると、色々な問題や悩みにぶつかります。時には耐え難い苦労もあるかも知れません。そんな時頑張り抜く底力は、”それでもこの仕事が、この業界が好きだ”と言える事だと思います。就職という人生の岐路に立った皆さまには、改めて自分の為に本当にやりたい事を考えて貰いたいと思います。その結果日本ガスラインNIPPON GAS LINEで一緒に仕事が出来れば最高だと、私は思います。

学生の皆さんにメッセージ