海運-日本ガスラインの海上での主な仕事内容です。  
LPGを輸送する海運【日本ガスライン(株)】
LPGを輸送する海運-会社案内 海運の歴史と日本ガスライン クリーンエネルギーLPG LPG輸送海運-日本ガスラインの船の紹介 LPG輸送海運-日本ガスラインの求人情報 海運の仕事 LPG輸送海運-日本ガスライン海外関連会社    
 

海運の仕事

海運の仕事
乗船レポート1
海運の仕事
乗船レポート2
海運の仕事
乗船レポート3
海運の仕事
乗船レポート4
海運-日本ガスラインのLPGタンカー「芳泉丸」の写真
海運-日本ガスラインのLPGタンカー「芳泉丸」の乗船レポート
企画部 邑松泰宏
■ 第41次航 堺〜下津〜姫路
■ 第42次航 根岸〜川崎
■ 第43次航 川崎〜清水
■ 第44次航 鹿島〜塩釜




海運の仕事−乗船レポート2−

■第42次航 根岸−川崎−川崎
 金曜日の午後、東京湾に入る。
 夜、横浜港の花火大会を海から見物する。
 土曜日の午前中はブリッジ周辺のペイント作業をする。
 午後は船内で休暇。
 日曜日の朝に根岸に着桟しブタンを積んで川崎に向かう。

 食堂に行って司厨長(C/S)に話を聞いてみよう。

海運-日本ガスラインのLPGタンカー「芳泉丸」のブリッジ
司厨長さんの「鰹の血合いのたたき」は絶品ですね。
C/S そうですか。鯵でやってもうまいんですよ。
うちと違って、船の中はゴキブリなどいないようですが。
C/S 衛生管理には気を配っていますからね。でも気をつけないと、夜着岸している時に船の明かりめがけて飛び込んでくるんですよ。
そんなこともあるのですか。
それにしても船の食事は朝6時・昼11時・夕16時と早いですね。
C/S そうですね。だから朝食の準備は午前3時ごろからはじめるんですよ。
 
〜満腹になりいい気分だ。外に出ていると甲板長(B/S)が通りかかる〜
 
B/S 東京湾の風は臭いでしょ。海が汚いから。

 

ええ。大阪湾でも出港のときに見たらアンカーチェーンがヘドロだらけになっていましたね。
B/S そうですね。
  東京や大阪の海は汚いですね。
B/S 都市部の海はもちろん汚いけど、風光明媚なところでも生活廃水が流れ込んでいたりして案外汚いんですよ。
  海の汚れは船にとって身近な環境問題ですね。船で出たゴミはどう処理されるのですか。
B/S ゴミを捨てていい海域とゴミの種類は非常に厳しく決められています。本船の場合、ゴミはゴミ箱で集め、基地の方に依頼して陸上で処理してもらっています。
 
*            *            *
  ここで船の中の生活を紹介しましょう。船には一人1部屋個室があり、個室には寝台・洗面・机があります。食事は食堂でいただきます。食堂の向かい側にはサロンがありゲームの設備などがあります。
テレビは衛星放送が受信できますが地上波はあまりよく入りません。新聞も毎日来るわけではなく入港時に代理店の方が持ってきてくださる程度です。船には衛星電話と衛星公衆電話がついていますが通話料が高く、便利とはいえません。
当直や荷役の時間のほかは、休養したり雑誌を読むなどしてすごします。
改めて言うまでもないことかもしれませんが陸上の生活と比べると不規則で不便です。
海運-日本ガスラインのLPGタンカー「芳泉丸」の船室
 
(C) NIPPON GAS LINE CO., LTD., All Rights Reserved  e-mail : ngl.info@ngl.co.jp