LPG輸送船会社、日本ガスラインの歩み  
LPGを輸送する海運【日本ガスライン(株)】
LPGを輸送する海運-会社案内 海運の歴史と日本ガスライン クリーンエネルギーLPG LPG輸送海運-日本ガスラインの船の紹介 LPG輸送海運-日本ガスラインの求人情報 海運の仕事 LPG輸送海運-日本ガスライン海外関連会社    
 

会社案内

歩み
社長挨拶
会社概要
歩み
事業概要
組織図
昭和37年 LPG輸送船会社、日本ガスラインの歩み写真1
  松山市に会社設立。社名『液化瓦斯運輸株式会社』としてタンクローリーにてLPGの陸上輸送開始。 LPGタンカー「いづみ丸」(初代)就航。LPG海上輸送開始。
昭和39年
  LPGタンカー「第2いづみ丸」(近海区域資格船)就航。 沖縄向け輸送開始。将来の外航の足がかりとなる。

昭和43年
  社名『日本ガスライン株式会社』に改称。 大阪支店、東京営業所を開設し、営業活動の強化をはかる。 VCM(塩化ビニールモノマー)の韓国向け輸送開始。

昭和45年
  「第31いづみ丸」竣工。日本〜香港航路就航。本格的に外航業務開始。

昭和47年

LPG輸送船会社、日本ガスラインの歩み写真「鳳隆丸」
  日本タンカー株式会社と共同出資で『日本特殊船株式会社』を設立。アスファルトタンカー「第1グリーン丸」就航。

昭和54年
  創業以来、LPG国内需要の大幅な伸びに伴い、LPGタンカーの充実をはかり、国内LPG輸送のトップクラスのシェアをしめる。 外航LPGタンカー「鳳隆丸」就航。 東南アジア全般に輸送エリアを拡げる。

平成3年
  東南アジアのアスファルト輸送船として「New Century」(DW2,131MT)就航。

平成7年
  これからの内航LPG業界を担う最新鋭船「第7いづみ丸」(G/T999)就航。

平成14年
  当社グループのすべての内航船がISMを取得し、世界に通用する安全管理システムを確立する。

平成19年
  乗組員の住環境を考え、さらにより荷主のニーズに答えるべく新造船「第18いづみ丸」(G/T999)を就航。

平成20年
  4隻目となる外航アスファルト輸送船「NEW GRACE」(DWT5,900)就航。シェルとの関係をより強固なものにする。

平成22年
  日本初の電気推進LPG船「第10いづみ丸」(G/T749)就航。社会から求められる環境問題にいち早く対応する

平成23年
  3月「グリーン経営」認証取得
環境保全を企業の社会的責任として捉え、事業活動
における環境負荷の削減を図っていく。

現  在
 
内航: LPG年間200万トン以上を輸送し、国内唯一のLPG専門オペレーターとして、なお一層の安定輸送を目指しています。
外航: プロダクトキャリアー・アスファルトタンカー・LPGタンカーの各分野で船腹を充実させ、輸送エリアを拡げてゆきます。


 
(C) NIPPON GAS LINE CO., LTD., All Rights Reserved  e-mail : ngl.info@ngl.co.jp