海運の歴史と日本ガスライン3  
LPGを輸送する海運【日本ガスライン(株)】
LPGを輸送する海運-会社案内 海運の歴史と日本ガスライン クリーンエネルギーLPG LPG輸送海運-日本ガスラインの船の紹介 LPG輸送海運-日本ガスラインの求人情報 海運の仕事 LPG輸送海運-日本ガスライン海外関連会社    
 

海運の歴史と日本ガスライン

3
海運の歴史と
日本ガスライン1
海運の歴史と
日本ガスライン2
海運の歴史と
日本ガスライン3
日本の海運は近年石油代替エネルギーの中心となるLNG(液化天然ガス)輸送のためのLNG船の積極投入など豊富な船種を整備し続けてきました。また、従来からあります石油をはじめとするエネルギー原料から、穀物、木材など、拡大し続ける膨大な物資輸送を支え続けています。また、これまで以上に安全管理と地球環境保全が厳しく要求されています。
海運の歴史と日本ガスライン

日本ガスラインも、平成7年(1995)にはこれからの内航LPG業界を担いうる最新鋭船「第7いづみ丸」(G/T995)が就航、平成14年(2002)にはグループ全ての船団がISMを取得し、世界に通用する安全管理システムを確立しました。

日本の海運業界の近代化が進み、地球規模で展開する大量物流の唯一の担い手である海運には、より安全で高度な技術が求められています。
日本ガスラインも、内航ではLPG年間200万トンを輸送し、国内唯一のLPG専門オペレーターとして活躍し、外航ではプロダクトキャリアー、アスファルトタンカー、LPGタンカー等の分野で輸送エリアを拡大しています。日本の海運の発展とともに、更なる飛躍を続けています。




 
(C) NIPPON GAS LINE CO., LTD., All Rights Reserved  e-mail : ngl.info@ngl.co.jp