海運の歴史と日本ガスライン2  
LPGを輸送する海運【日本ガスライン(株)】
LPGを輸送する海運-会社案内 海運の歴史と日本ガスライン クリーンエネルギーLPG LPG輸送海運-日本ガスラインの船の紹介 LPG輸送海運-日本ガスラインの求人情報 海運の仕事 LPG輸送海運-日本ガスライン海外関連会社    
 

海運の歴史と日本ガスライン

2
海運の歴史と
日本ガスライン1
海運の歴史と
日本ガスライン2
海運の歴史と
日本ガスライン3
昭和48年(1973)の第1次石油危機、さらに昭和54年(1979)の第2次石油危機など、日本の海運は困難が続きましたが、日本ガスラインは創業以来、LPG国内需要の大幅な伸びに伴い、LPGタンカーの充実をはかり、国内LPG輸送のトップランクのシェアを占めるようになります。
また、外航LPGタンカー「鳳隆丸」(2,812)が就航し、東南アジア全般に輸送エリアを広げて行きました。
昭和56年(1981)には、IMO船「EVERDINA」(2,509)が就航し、ヨーロッパの輸送に進出をしました。

昭和60年(1985)急激に進んだ円高は、日本の海運業にとって大きな打撃となり、日本の海運会社は苦しみ続けました。
海運の歴史と日本ガスライン
そのような状況の中でも、日本ガスラインは着実に歩み、国内においてもIMOルールが施行された昭和63年(1988)には、業界に先駆けてIMO船「第63いづみ丸」(G/T999)が就航。平成3年(1991)には、東南アジアのアスファルト輸送船として「New Century」(DW2,131MT)が就航し、輸送分野の多様化を図って行きました。




 
(C) NIPPON GAS LINE CO., LTD., All Rights Reserved  e-mail : ngl.info@ngl.co.jp